What`s 早川sc

監督から

早川SC 監督をやらせてもらっている石井です!

19才からこの早川SCでコーチになり、09年度より4代目監督として子供達を指揮しています。
早川SCでは今は亡き初代監督の池田の意思を引き継ぎ『常に子供達の為に』という言葉を胸に刻んみ日々活動しています。

指導方針
U-8以下には《ボールで遊ぶ》《ボールコントロール》《1対1》を中心に指導。

U-10以下には《ファーストタッチのボールコントロール》《スペース活かすドリブル&パス》《1対1》を中心に指導。

U-12以下には《空中のボールのコントロール》《動き出し》《攻守共に数的優位の状況の中でのプレー》を中心に指導。

全体としては《考える》《仲間》《個性》の3つの言葉を意識し、子供達の未来の為にサッカーを通じて成長していって欲しい…という思いで指導しています。

子供達がサッカーを好きなり、仲間の為に走り、チームと自分の為に考え行動する。
難しい事かもしれませんが、自分を含めた指導者みんなでチャレンジしています。

設立

昭和59年
西暦1984年

早川SCの活動

神奈川県小田原市立早川小学校をホームグラウンドとして活動。
(※大窪小学校をサブホームグラウンドとする)

☆☆☆☆☆基本活動日☆☆☆☆☆
□火曜 練習 16時~18時(日没) 3年~6年
□木曜 練習 16時~18時(日没) 全学年
□土曜 練習 14時~17時 全学年
□日曜 練習 9時~12時 全学年

※週末(土日)は各カテゴリーにより随時大会参加予定(公式戦&招待試合)

主な年間活動予定

4月:新年度スタート
5月:『西湘ベイサウス杯』2年生大会(南地区合同主催大会)
7月:夏合宿(2泊3日)3年生以上
8月:『早川杯』3年生大会(主催大会)
9月:親子サッカー(全団員&保護者)
10月:早川小にて『いきいきフェスティバル』
   ※早川SCサッカー体験コーナー
   大窪小にて『ふれあい広場in大窪』
   ※早川SCサッカー体験コーナー
1月:初蹴り(元旦)
   親子サッカー運動会(全団員&保護者)
2月:『バレンタインカップ』6年生大会(主催大会)
   『池田杯サッカー5年生大会』(主催大会)
3月:早川SC卒団式
   早川SC年度末総会

会費

★月謝3000円
※兄弟がいる場合は2人目から月謝2000円
※入会時スポーツ保険加入費600円(年間)を別途頂きます。

会員数/指導者数

※会員数52名
 
 ・6年: 7名 
 ・5年: 5名
 ・4年:17名
 ・3年:11名
 ・2年: 8名
 ・1年: 4名


※指導者10名


(平成24年8月31日現在)

OB会会長のご挨拶

早川サッカークラブは小田原市西部の早川地区と大窪地区の児童を中心に、少年団時代を経て四半世紀以上の間、地域の団・クラブとして活動しています。

地域の児童数は決して多くはないため1学年で1チームをつくることはできませんが、上の学年や下の学年とチームを作り上げていく中で、子供達には勝ち負けではない大切なことを学んで欲しいと思っています。

監督・コーチはサッカーを通じて子供達をどう成長させようかと日々頭を悩ませています。

当クラブに興味を持っていただければ、是非一度練習を見に来て下さい。押しつけの金太郎飴ではない、子供一人一人の個性や状態をみて指導する監督・コーチの姿が見られると思います。ただ、活動は練習以外にも、練習試合、招待試合、公式試合、そして主催試合などがあり、それらは保護者の協力があってはじめて成り立っています。各家庭によってそれぞれ事情が違いますので、みんな同じように協力が出来るわけはないことは承知しています。まず子供達が楽しくサッカーをし、一生懸命練習をして、そして試合をも通じて成長をする姿をグラウンドへ見に来て下さい。その際には出来る協力をみんなでやりましょう。

小学校卒業の時には、サッカーが大好きになって、仲間が大好きになって卒団できるよう、監督・コーチ・スタッフ一同、一生懸命活動しています。是非、私達の活動を、子供達のサッカーを見に来て下さい。お待ちしております。

早川サッカークラブ
OB会会長
橋本 浩

アドバイザーのご挨拶

早川サッカークラブは、小田原市サッカー協会25クラブ(平成22年4月現在)の一翼を担うクラブチームです。
相模湾と箱根山、早川の自然に囲まれた小田原市立早川小学校・大窪小学校を主に母体として活動しております。
地理的には、JR早川駅、小田急・箱根登山線の箱根板橋駅、西湘バイパス早川IC、小田原厚木道路終点と交通の便も至極良い場所にあります。
そのような恵まれた環境の中で、地域の皆様に支えられ、可愛がられた「明るく、楽しい」クラブです。
クラブや指導者の活動・指導方針は、技術向上はもとよりサッカーを通じて心身の育成が重要と位置づけております。
時には苦しい練習もあるかもしれませんが、明るく、楽しく、あいさつと笑顔をモットーに、昨日より今日、今日より明日、そして明日より明後日と、目的と向上心をもって少しずつでも前進・成長して行くことを選手に体感してもらうべく活動しております。
そのためには、単独クラブの活動にとどまらず、近隣クラブ殿をはじめ小田原市サッカー協会など多くの方々のご支援、ご理解を頂いているところです。
選手たちには、多くの方々の支えを頂いてサッカーができる感謝の気持ちを常に持ってもらいたい。
それが大きな願いであります。
規模的には決して大きなクラブではありませんが、一人ひとりに行き届いた愛情を注げるクラブだと自負しております。
このホームページを拝見いただき、このクラブなら付き合っても良いかなとお考え願えれば幸いです。
練習会場はある程度確保できます。遠征も可能です。練習試合からお付き合いできれば幸いです。
ぜひご連絡ください。よろしくお願いいたします。
また、お子様を入団させてみようかなとお考えになられた保護者の皆様、一度練習を見に来てください。
歓迎いたします。ぜひご一緒にサッカーで仲間になりましょう。

小田原サッカー協会(OFA)
第四種少年委員会 運営部長・キッズ委員長
松本  康

クラブ代表のご挨拶

グランドで子どもたちの成長する姿を見ていると、実感としてヒシヒシと伝わってきます。
『無限の成長の可能性』を、全ての子どもたちが間違いなく持っていると私は確信しております。

子供達は様々な経験を重ねる事で成長していきます。
しかし一人だけでは『心の成長』は不可能です。
子供は子供の中でしか育ちません。
いろいろな性格・年齢・性別の子供達と、幼少期から交わることが、『心の成長』のためには必要なのです。
その場面を私たちはスポーツを通して提供しております。

『喜び』とは。。。
周りの人達と協調でき、周りの人達から理解を得られ、周りの人達に認められて、はじめて手に入れることが出来るものなのです。
サッカーは1人ではプレーできません。
自分勝手にプレーしていては『喜び』を共有する事は出来ません。
ゴールするには自分の身を挺して仲間にパスを送ることも必要です。
仲間からの信頼を得てパスをもらうことも必要です。
相手に立ち向かう勇気を試されることもあります。

私達はサッカーという素晴らしいスポーツを通して、子供達に
『挨拶がしっかり出来る』
『時間を守る事が出来る』
『約束を守る事が出来る』
『リーダーシップを身に付ける事が出来る』
『人の気持ちを理解する事が出来る』
『感謝の気持ちをもつ事が出来る』
『人に優しく出来る』
など、社会生活に必要な基礎力を身につけさせる事を目標にしています。
目の前の障害から逃げずに、勇気をもって立ち向かっていける子供達に育てて行きたいと願います。

未来に輝く、無限の可能性をもった子供達のために、これからも私たちは全力で取り組んでまいります。


『players first』を忘れずに。


早川サッカークラブ代表 宮本博幸