スタッフ

代表 : CLUB 太郎 (クラブ タロウ)

子供が3年生のときに入団したのが、きっかけで卒団後も少年野球の魅力に惹かれ代表というかたちで
携わらしていただいております。
子供たち、ご父母の皆さん、コーチとの輪を崩さないようにするのは苦労がありますが、
子供たちが野球を好きになってくれて、野球を通じてからいろいろなことを学び、健全な心身の育成と
のびのびできる本格的な野球をめざしています。野球が大好きな子供達、待っています。

監督 : CLUB 次郎 (クラブ ジロウ)

1954年生まれ。
クラブ大学高等学校野球部在籍。昭和47年夏季東京都大会ベスト4進出。
同校臨時コーチ、リトルリーグコーチを経て平成14年1月より、現球団のコーチを経て、2005年4月に監督に就任。

コーチ : CLUB 三郎 (クラブ サブロウ)

1955年生まれ。
クラブ大学高等学校野球部在籍。昭和47年夏季大会ベスト4進出、高校時代、2番打者、少年野球のコーチとして延べ10年間教えてきました。
少年野球の指導について、その子供の野球人生最後まで面倒を見てあげる事が出来ないので、小学生時代に一番延びると思われる”俊敏性”を主に基本の基をしっかり教えて、次の指導者に送り出す事が小学生の指導者がやるべき事だと考えています。