bet365

【日本語対応済】Bet365の評判・口コミを丸ごと調査!

admin

bet365は数あるブックメーカーの中でも特に高い知名度を誇っています。
結論から言えばBet365は他サイトに比べても圧倒的に優れており、筆者としても特におすすめできるブックメーカーです。

本記事ではBet365の評判を良い内容も悪い内容も詳しく解説しています。
「これからBet365で賭けてみたい」と考えている方には参考になるはずです。

目次
  1. Bet365の良い評判
  2. Bet365の悪い評判

Bet365の良い評判

Bet365はとにかく良い評判が多く見られるブックメーカーです。
良い評判の内容から、Bet365を利用することのメリットを知りましょう。

世界最大のブックメーカーとして人気

Bet365は全世界150か国以上にのべ6000万人を超えるプレイヤー人口を抱えています。
世界的に見ても最大規模のプレイヤー数を抱えており、名実ともに世界一のブックメーカーと言っても過言ではありません。

多くのユーザーがBet365を選ぶということは、それだけBet365には魅力があるということです。
ここ数年は新規でオープンしても結局集客しきれずに閉鎖するブックメーカーも多いものの、Bet365は今後も長く安定して運営が続くことが期待されます。

信頼性が高いジブラルタルのライセンスを取得

Bet365はオンラインギャンブルサイトの運営に際して、ジブラルタル政府からライセンス承認を受けています。

Hillside (Gibraltar Gaming) LPは、ジブラルタル政府のライセンスを取得しており、ジブラルタル・ギャンブリング・コミッショナー(RGL番号: 129)の規制を受けています。

Bet365公式サイト

公的なライセンスを取得した上での運営となっているため、Bet365の運営に違法性はありません。
さらに言えばジブラルタルのライセンス審査は、マルタ共和国とも並んで業界でも最も取得難易度が高いと言われています。

非常に厳しい審査を難なくパスできているという点からも、Bet365が信頼性の高い業者であることが分かるはずです。

2021年夏についに日本語対応

Bet365は長らく日本語対応していないという難点があったものの、2021年の夏についに日本語対応を果たしたことで、一気に日本人からの評判も高まりました。

かなり稼ぎやすいブックメーカーとして人気だった一方で、日本語対応していないことに壁を感じていた方も多いでしょう。

現在はサイトの大部分が日本語表記となっているので、初心者プレイヤーでも安心して利用できます。サポートも日本語で受けられるのがメリットです。

ただしサイト全体が完全日本語表記になっている訳ではありません。一部には英語表記が残っている部分もあります。

今後さらに日本語対応が拡大することを期待しつつ、分からない部分についてはうまくサポートを頼りながら解決するようにしましょう。

ベットに役立つ統計情報が充実している

Bet365が稼ぎやすいブックメーカーという評判を集めている大きな理由として、ベット時に役立つ統計情報などが充実しているという点があります。
特にサッカーの試合に関する統計の充実度は抜群です。

単にオッズだけを見て賭けるのではなく、うまく統計情報も参考にしながらベットすることで、的中率を高めることができます。
通常は外部サイトから自分で調べなければわからない情報も、Bet365では体系的に整理されているので、利用しない手はありません。

ファンタジースポーツが面白い(2022年8月からサービス提供開始)

Bet365では2022年8月より、「ファンタジースポーツ」という新たなジャンルのサービスを開始したことで注目を集めました。ファンタジースポーツでは通常のスポーツベットとはまったく楽しさを味わうことができます。

具体的にはユーザー自身が実在する選手を任意で選んで架空のチームを作り、選んだ選手の活躍状況に応じてポイントを獲得していくというゲームです。いくつかトーナメントが開催されているので、好きなトーナメントを選んで参加してみましょう。

そして獲得したポイント数が全体の上位に入ると、順位に応じて賞金を獲得できます。ファンタジースポーツのページは日本語対応していないため少し分かりづらい部分もありますが、かなり面白いので一度はエントリーしてみるべきです。

インプレーベットの対象試合はストリーミング視聴できる

Bet365ではリアルタイムで行われている試合の賭けを楽しめることはもちろん、多くの試合やレースをストリーミング視聴できる点でも良い評判を集めています。

実際に映像を視聴しながらベットを行うことで、賭けの的中率が高まることは言うまでもありません。また本来はDAZNやWOWOWなどの月額サービスに課金しないと視聴できない試合も、Bet365のユーザーなら無料で視聴できるという見方もできます。

単にスポーツの試合を視聴するという目的で、裏技的な手法としてBet365に登録しているユーザーも少なくありません。

ただし、配信中の試合映像の画質はかなり低いということで、悪い評判も多くみられました。

無料で視聴できている以上、画質の悪さには目をつむるしかありません。

インプレーベット中にキャッシュアウトを使える

Bet365ではインプレーベット中にキャッシュアウト機能を使える点でも良い評判を集めています。キャッシュアウトはブックメーカーを通じて稼ぐために最も重要なスキルと言われています。

一部にはキャッシュアウト非対応のブックメーカーもあるので、キャッシュアウトが利用可能な点はBet365の大きなメリットと言えるでしょう。上述した通りBet365では試合をストリーミング視聴できるという特徴もあり、キャッシュアウトをより有効に活用できます。

試合終了後も試合映像はアーカイブ視聴ができる

Bet365は業界では非常に珍しく、既に終了してしまった試合やレースをアーカイブ視聴ができるという特徴もあります。
せっかく見たかった試合を見逃してしまったという場合でも、数日間であれば視聴可能です。

ストリーミング配信があるブックメーカーはそれなりに数があるものの、アーカイブ視聴の機能まであるブックメーカーは恐らくBet365しかありません。
単に稼ぐ稼がないにとどまらず、サイトの使いやすさの面でも明らかに他のブックメーカーとは一線を画している印象を受けます。

初回入金ボーナスとして最大1万円のベットクレジットがもらえる

Bet365に新規で登録したユーザーは、初回入金時にお得なボーナスをもらえます。具体的には1万円まで入金額と同額のベットクレジット(フリーベット)がもらえるという内容です。実際にベットクレジットを受け取るには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. 初回の入金を済ませる(アカウント登録から30日以内)
  2. 最低1.20倍のオッズで入金額と同額以上をベットする
  3. ベットクレジットが進呈される

ベットクレジットは1.20倍以上のオッズのベットに利用でき、勝利金はそのままリアルマネーとして進呈されます。
つまり実質的にほぼ100%のリベートボーナスということです。

金額的にはやや少ないものの、最低オッズが低いことも含めて業界で最もお得度が高い初回入金特典とも言われています。
他のブックメーカーのように面倒な出金条件消化に苦しめられる心配もないため、初めてブックメーカーに登録するというプレイヤーでも安心して利用できるはずです。

ベットブーストに指定されたオッズは通常よりも高く設定される

Bet365には「ベットブースト」という機能があることでも好評です。ベットブーストが適用されたオッズは、通常よりも高く設定されます。
ブックメーカーにおいて稼ぐためにはオッズの高さが非常に重要となるだけに、なるべくベットブーストを見つけてベットするのがおすすめです。

ベットブーストが適用された結果、業界最高と言われるピナクルスポーツのオッズをも上回るオッズ設定になることもよくあります。

プロモーションが充実しておりトータルの稼ぎやすさは業界ナンバーワン

Bet365は業界全体で見ても、特にプロモーションの充実度が高いことで良い評判を得ています。
オッズをお得に上乗せするオプションや特定の条件をクリアした時点で払い戻しが確定するオプションなど、利益を稼ぐ上では役に立つオプションばかりです。

具体的にどのようなプロモーションがあるのかは、後述しています。
豊富なプロモーションをうまく活用できるようになれば、業界で最も稼ぎやすいブックメーカーと言っても過言ではありません。

一定の条件を満たすと結果に関わらずオッズに応じた払い戻しを受けられる

Bet365には「早期ペイアウトオファー」というプロモーションがあります。
早期ペイアウトオファーとは、試合が終了していない状況でも一定の条件を満たした時点で、賭けの結果が勝利扱いとなり払い戻しを受けられるという内容です。

払い戻しが確定した後に結果が覆ったとしても、返金を求められることはありません。具体的にスポーツ種目に応じて、「早期ペイアウト」が成立するのは以下の条件を満たしたときとなります。

種目早期ペイアウトの成立条件
サッカー勝利予想したチームが2点をリードする
野球勝利予想したチームが5点をリードする
バスケットボール勝利予想したチームが18点をリードする

いずれもまだまだ十分逆転が起こる余地がある点差だけに、他のブックメーカーならば「キャッシュアウトすべきか待つべきか」と悩んでしまうことでしょう。

しかしBet365ならばキャッシュアウトのようにオッズが低下することもなく、ベットした時点のオッズで払い戻しが受けられるため、無駄に迷う必要はありません。

サッカーで予想が外れても払い戻しを受けられる場合がある

Bet365では他のブックメーカー同様に特にサッカーベッティングが高い人気を誇っています。

Bet365のサッカーベッティングが人気の理由は、単に賭け対象が豊富にあるということにとどまらず、万が一ベットが外れてしまっても払い戻しを受けられるというルールがあるためです。具体的に3つのオプションについて紹介します。

スコアレスドロー返金

サッカーの対象試合において試合前ベットを行ったものの、実際の結果がスコアレスドローだった場合にはベット額の返金を受けられるというオプションです。他のブックメーカーならばそのままハズレとなりベット額が没収されるものの、Bet365ではそもそも賭けが成立しなかった扱いとなります。

「スコアレスドロー返金」のオプションがあることにより、サッカーの試合前ベットで負ける可能性が低くなるのが大きな魅力です。

最初の得点者(イーチウェイ)

「最初の得点者」とは選んだ選手が当該試合において最初にゴールを決めた際に払い戻しを受けられるという賭け式です。

しかしBet365では「最初の得点者(イーチウェイ)」という賭け式でベットすることにより、選んだ選手が当該試合においてゴールを決めさえすれば、得点順に関わらず払い戻しを受けられます。

ある程度得点期待値の高いフォワードの選手を選んでベットしておけば、非常に高い確率で払い戻しを受けられるはずです。

選手交代保証

「選手交代保証」は特定の選手に対してベットを行ったものの、負傷などの事情によってハーフタイムになる前に交代してしまった場合は、ベット額が返金されるというオプションです。他のブックメーカーではそのまま賭けがハズレとなってベット額を没収されてしまうだけに、Bet365では賭けが外れるリスクが小さくなることでユーザーから良い評判を得ています。

具体的に「選手交代保証」の対象となるのは以下のような賭け式です。

  • 最初の得点者
  • 最後の得点者
  • 試合時間内の得点者/試合中に得点する
  • 次に決める得点者(1ゴール目のみ)
  • 2ゴール以上を決める/2点以上を得点する
  • 3ゴール以上を決める/ハットトリックを決める
  • ヘディングでの得点
  • ペナルティエリア外からの得点
  • スコアキャスト
  • エニタイムスコアキャスト
  • ウィンキャスト
  • タイムキャスト
  • 前半スコアキャスト
  • チームの最初の得点者
  • チームの最後の得点者
  • 最初にイエローカードを提示されるプレーヤー
  • イエローカードを提示されるプレーヤー
  • レッドカードを提示されるプレーヤー
  • マン・オブ・ザ・マッチ

アキュムレータベット(マルチベット)によりオッズを最大70%上乗せできる

Bet365では複数のオッズを同時に組み合わせたアキュムレータベット(マルチベット)を行うと、組み合わせ数に応じてお得にオッズを上乗せできるという機能があります。
アキュムレータベット自体が各オッズを乗算することで一気にオッズ倍率を高めることができますが、さらにお得なオッズを任意で作れるのが大きな魅力です。

具体的にオッズの組み合わせ数に応じて、以下のレートでオッズを上乗せできます。(サッカーの場合)

オッズの組み合わせ数上乗せレート
3つ5%
4つ10%
5つ12%
6つ15%
7つ20%
8つ25%
9つ30%
10つ35%
11つ40%
12つ50%
13つ60%
14つ以上70%

実際の組み合わせ数とオッズの上乗せレートは、種目によって微妙に異なります。

もちろんアキュムレータベットは賭けの的中率が下がるというデメリットもありますが、通常よりもお得に稼げることは間違いありません。1回でも的中させれば、一気に超高額配当をゲットすることも可能です。

競馬・ドッグレースではベット後のオッズ変動の影響を受けない

Bet365の競馬レースでは、通常の競馬と同じようにスターティングプライス方式(パリミュチュエル方式)が採用されています。
スターティングプライス方式とは、ベットした時点でのオッズではなく、締め切り後のオッズが適用されるというものです。

したがってベット完了後のオッズの大幅な増減によって、想定外のオッズでのベットを強いられることがあります。しかしBet365には「ベストオッズ保証」という制度があり、ベット時点と締め切り時点のいずれか高いほうのオッズが適用されます。

お客様の選択馬が勝ち、選択したオッズよりもSP(スターティングプライス)の方が高ければ、高い方のオッズで払い戻します。

Bet365「ベストオッズ保証」

要は対象レースならば、必ず美味しいオッズでベットできることが保証されているということです。オーストラリア、ニュージーランド、日本、シンガポール、香港以外のレースならば、ベストオッズ保証が適用されます。Bet365ならば、他のブックメーカーのようにベットタイミングに迷う心配はありません。

イギリス・アイルランドの競馬レースは業界最高のオッズが保証

Bet365はイギリス発のブックメーカーサイトということもあり、特にイギリスとアイルランドの競馬レースに力を入れています。イギリス・アイルランドのレースでは常に業界で最高レベルのオッズを設定しており、他のブックメーカーと比べても稼ぎやすいことで好評です。

ブックメーカーで稼ぐにはいかにオッズが高い業者を選べるかが最重要ポイントとなるだけに、競馬で稼ぐにはBet365が最適なブックメーカーと言えるでしょう。

サッカーのベッティングを通じてジャックポット賞金を狙える

Bet365には「サッカージャックポット」という独自機能があることでも好評です。簡単に言えば、サッカーの試合での賭けが多く的中すると的中数に応じてジャックポット賞金を獲得できるという内容です。

具体的なサッカージャックポットの対象ゲームは、サッカーコンテンツの「ジャックポット」というページから確認できます。ベット対象となる試合はBet365側であらかじめ設定されており、任意で選ぶことはできません。

例えば2022年8月26日時点では、当該週末の試合において11個以上の試合結果を的中させた場合、的中数に応じて以下の通り賞金を獲得できるという内容でした。

的中試合数ジャックポット賞金
11試合1500円
12試合7500円
13試合3万7500円
14試合37万5000円
15試合7500万円

もちろん当選確率はかなり低いものの、わずか30円のベットで参加できるため、外れても大きなダメージにはなりません。totoに挑戦するくらいの感覚で、積極的にBet365のサッカージャックポットにも賭けてみましょう。

出金前の本人確認審査がかなりスピーディ

Bet365では資金を出金できるようにするため、事前に本人確認審査を済ませる必要があります。ブックメーカーによっては審査に非常に長い時間を要することもありますが、Bet365はかなり審査がスピーディということで良い評判が多くみられました。

実際に筆者自身も書類のアップロードをしてから、1時間以内には審査が完了していました。もちろんケースバイケースで遅くなることもあると思いますが、無駄に待たされるストレスがない点はBet365の大きなメリットです。

期間あたりの出金上限額がない

Bet365は期間あたりの出金上限額を設定していない点でも良い評判を集めています。

1回あたりの出金上限額を見ても、エコペイズは300万円、銀行送金は400万円とかなり高額です。上述したサッカージャックポットでの当選金なども含めて、超高額の勝利金をゲットした際にストレスなくスムーズに出金できるのがBet365の大きなメリットと言えるでしょう。

出金スピードが超高速

Bet365の出金に関しては、出金スピードが非常に速いことでも良い評判がみられます。

わずか1時間程度で出金が完了しているという事例もあり、出金スピードは業界でもかなり上位のレベルと言えるでしょう。元々稼ぎやすさが際立つブックメーカーである上に信頼性も高く、さらに出金スペックも最高レベルということで、Bet365以上に使いやすいブックメーカーは存在しないと言っても過言ではありません。

銀行送金は国際送金の形式なので日数を要する

Bet365の出金に関して1つ注意したいのは銀行送金は「国際送金」の形式を採用している点です。国際送金形式なので、出金申請に際しての口座情報ではIBANやSWIFTなどのコードを入力する必要があります。

そして出金申請をしてから、実際に銀行口座に着金するまでには最長で10営業日程度という長い日数を要する点にも注意です。したがってBet365から出金する際には、極力エコペイズを利用するようにしましょう。

サポートの対応が非常に丁寧

Bet365はサポートの対応についても良い評判がみられます。

世界最大規模のブックメーカーにまでなった大きな理由は、安心して手厚いサポートを受けられるという点もあるでしょう。筆者自身も実際にBet365のサポートを利用した際は、迅速かつ分かりやすい回答を得られたことで好印象を得ました。

以前は日本語でのサポートを受けられないという点が大きな難点でしたが、現在は問題なく日本語サポートを受けられます。リアルタイムでサポートとやりとりができるライブチャットは毎日15時から26時という比較的長い時間利用できる点もBet365の大きなメリットです。

カジノ部門・ポーカー部門も併設している

Bet365はスポーツ部門の充実度が際立つものの、カジノ部門やポーカー部門も併設しています。同じアカウント、同じウォレットを利用して幅広いギャンブルコンテンツを楽しめるのもBet365の大きな魅力です。

カジノ部門では月曜日から日曜日まで、毎日内容が異なるボーナスやプロモーションが用意されています。うまくボーナスを活用できれば、カジノ部門でもスポーツ部門と同等かそれ以上にコツコツと稼げるようになるはずです。

Bet365の悪い評判

とにかくメリットばかりが目立つBet365ですが、少しばかり悪い評判も見られます。具体的に悪い評判の内容から、Bet365を利用するデメリットについても知っておきましょう。

スポーツで使える入金ボーナスの制度はない

Bet365のスポーツ部門では初回入金時以外、入金を対象としたボーナスが用意されていません。ブックメーカーといえば入金ボーナスというイメージが強い方も多いと思いますが、Bet365での賭けは基本的に自己資金のみを利用する必要があります。

オッズをお得に上乗せできたり、早期ペイアウトが受けられたりするなどのプロモーションが充実している分、入金ボーナスの不足は仕方ありません。

入出金方法がかなり少ない

Bet365は入出金方法が少ないことでも悪評が見られます。具体的に利用可能な入出金方法は以下の通りです。

  • クレジットカード(入金のみ)
  • 銀行振込
  • エコペイズ
  • アストロペイ(2022年9月にサービス終了予定)

ブックメーカー業界では特に評判の良いベガウォレットなどの電子ウォレットは非対応となっています。しかしエコペイズが利用できるので、特に入出金に困る心配はないはずです。

銀行振込は入出金ともに国際送金形式なので要注意

一般的に銀行振込はブックメーカーの便利な入出金方法と言われますが、Bet365では「国際送金」の形式なので、まったくおすすめできません。入出金それぞれ反映までに最大10営業日程度を要する可能性があり、さらに中継銀行において高い手数料を徴される可能性があります。

また出金時は銀行側の審査によって拒否されてしまうというケースも少なくありません。国内送金を採用している他のブックメーカーとBet365の銀行振込では、まったく使い勝手が異なるということをしっかりと理解しておきましょう。

クレジットカードの入金成功率が低い

Bet365のクレジットカード入金は、決済代行会社を経由せずにカード会社から直接Bet365に送金するという形式です。したがって余計な手数料が発生しないというメリットがある一方で、多くのカード会社がBet365を取引禁止店舗に指定しており、入金が不成立になってしまうというデメリットもあります。

実際に筆者自身も3種類ものクレジットカードでBet365の入金がはじかれてしまいました。「確実に入金を成功させたい」と考えているならば、カードではなくエコペイズ経由で入金するのがおすすめです。

24時間当たりの勝利金上限額が定められている

Bet365には24時間あたりの勝利金上限額が定められています。主なスポーツ種目の上限金額は以下の通りです。

スポーツ種目勝利金上限額
サッカー200万ポンド相当額
競馬100万ポンド相当額
ドッグレース100万ポンド相当額
ボクシング25万ポンド相当額
ゴルフ50万ポンド相当額
アメリカンフットボール25万ポンド相当額
テニス50万ポンド相当額
野球50万ポンド相当額

なお、各種目の中でも大会や試合の種類によって個別に上限額が設定されています。超高額ベットをしたいと考えているハイローラーなどは、勝利金上限に抵触しない範囲でのベットを行わなければなりません。

ABOUT ME
admin
admin
記事URLをコピーしました